モデルプランについて

システムとしてのソーラービジネス

ゼウスエナジーでは、ソーラーステーションの建設はもちろん、
その後の事業の運営も含めたシステムをトータルで提案致します。

太陽光発電の第一歩

産業用太陽光発電には、当然ながら「太陽光発電所」の建設が不可欠です。規模の大小はあっても、発電して電気を生産する以上、それは立派な「発電所」なのです。
このようにいうと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、たとえ10kW程度の小規模な自社用ソーラーであっても、100MWのメガソーラーステーションであっても、ただ電気を生産するだけでは何の意味もありません。これも当たり前のことですが、電気を利用する、販売することで、はじめて発電所としての意味があるわけです。つまり、発電した電気を運用することで、はじめて発電所としての価値が表れてくるということです。

規模に関わらず、資本を投入して生産した電気を運用するということは、そこにビジネスとしての採算性が求められます。ビジネスといっても、その形態には様々なものがあると思います。売電によって収入を得るのはもちろん、自社の電力供給のみに留まるという場合でも、何のために太陽光発電に切り替えるのかといえばビジネスのためだからです。 ビジネスである以上、何らかの形で「利益」を確保できることが最も重要な課題であることはいうまでもありません。 ビジネスを成功させる大きなカギは、ひと言でいえば運営のシステム化です。初期投資からランニングまで、適正に運用してリスクを最小限に回避することができるシステムを構築することで、確かな安心を確保することができます。

当たり前のことをきちんとやる。設備・設計に妥協しない。リスクを予想し、計画的な対策を整える。ソーラービジネスでは発電所の建設が目的ではありません。運転開始からが本当のビジネスの始まりなのです

Best Partner

ゼウスエナジーは納入後のメンテナンス管理はもちろん、安定した運用を実現するシステム提案などのアフターフォローを充実させ、ソーラーステーションの建設のみならず、その後のオペレーションステージにおいても、確かなビジネスを支える皆さまのベストパートナーであり続けます。