環境開発

エネルギーの自立が求められる日本

現在、日本におけるエネルギーの自給率は、
わずか4%に過ぎません。

わたしたちの暮らしや経済は、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料にその多くを頼っています。実に96%ものエネルギー燃料を海外からの輸入に頼っている日本にとって、輸入に頼らない電力の確保は急務であり、今後再生可能エネルギーへのシフトを推進することは、わが国全体の課題といっても過言ではありません。
また、これらの化石燃料が排出するCO2が全世界的に与えている影響も、とても座視できない状況となってきていることも周知の事実です。
これらの問題を解決する一助として、再生可能エネルギーが普及することが望ましいことは言うまでもありません。

ソーラーエネルギーがもたらす
豊かな未来へ向けて

ゼウスエナジーは、遊休地や耕作放棄地など放置されたままの日本の国土の再開発をはじめ、ビルや工場などのルーフスペースの有効活用、さらには街の安心・安全を支援する災害対策への利用など、様々な分野で実用性の高い再生可能エネルギーソリューションを提供し、クリーンエネルギーが産み出すあらゆる可能性をあますことなく社会に還元することを目指します。